水素が叶える美肌ライフ

年齢を重ねていっても、潤いのあるつるりとしたキレイな肌でいたいもの。
とはいえ、なかったはずのシミや知らず知らずのうちにできているシワ…。
高価なコスメを使ってみても全然よくならない!
加齢と肌のコンディションは反比例していくものなのでしょうか?

シワはどうしてできる?

シワの原因は、「肌の老化」と「紫外線」につきます。
肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン(弾力繊維)が減少、変性することによって肌の弾力が失われてしまうのです。

健康な真皮にはコラーゲンが密に集まって束を作って、真皮の柱の役割を果たしています。そのすき間にエラスチンがばねのように張り巡らされています。(コイルベットの中をイメージしてみてください)
紫外線を浴びると皮膚内のコラーゲンを切断する酵素が作られて、コラーゲンの束がちぎれた状態になってしまいます。こうして傷ついた線維が残ってシワができるのです。

紫外線だけでなく、乾燥もシワの原因に。表皮が乾燥にさらされると角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、このすき間から水分が蒸発してしまいます。
水分が減ってしまった皮膚は薄く固くなって、シワの原因となります。

ほかには、悪玉活性酸素による細胞の酸化によって真皮層のコラーゲンが固くなって、シワを作ってしまうことがあります。
また、加齢によって女性ホルモンが減少し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成がうまくいかなくなることで、皮膚の弾力がなくなっていきます。

つまり、シワができないようにするためには紫外線対策と保湿が重要ということですね。
また、活性酸素を作り過ぎないために食事に気をつけ、ストレスをうまく解消して規則正しい生活を送ることも大切です。

シミの原因は紫外線?

紫外線対策に必要なもの

シミのもとは、過剰生産されて肌に残ってしまったメラニンです。
メラニンは、紫外線から肌細胞を守ろうという作用が働いたときに生成される色素のこと。
肌が紫外線を浴びると、表皮の一番奥にあるメラノサイトという色素細胞の中でメラニンが作られます。
このメラニンをケラチノサイトという表皮細胞に移ることで、紫外線から細胞核を守ろうという働きがあります。
作られたメラニンは、肌の新陳代謝=ターンオーバーによって肌表面に押し上げられて表皮からはがれ落ちていきます。

ですが、メラニンが過剰に生成されたりターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、メラニンが肌に残ってしまいシミになってしまうのです。

シミができないようにするためには、紫外線対策が必須。日焼け止めやサングラスを用いることのほかに、メラニン色素の酸化を防止するビタミンCやE、ベータカロチンなどを含む食材を積極的に摂ることも重要です。
規則正しい生活によって、肌のターンオーバーを正常に促がすことも心がけたいですね。

美肌のためにできること

シミやシワのない(少ない)きれいな肌を手に入れるためには年齢や生活スタイルに合ったコスメを選ぶことも大切ですが、身体の中からどうアプローチするかということも重要。
美肌を保つために効果的な食事をご紹介します。

・肌に必要な栄養素はタンパク質
タンパク質はたくさん摂取して溜めておくことができないので、朝昼夕、3食通してバランスよく摂ることが大切です。
肉や魚、卵、大豆製品を使ったおかずを必ず入れて、お米やパン、麺類だけのメニューは避けましょう。
とはいえ、炭水化物を減らしすぎるのもNG。炭水化物に含まれる糖質は、体内で水とくっついて蓄えられます。糖を減らすことは体内の水分を減らすことになり、肌の潤いも失われてしまいます。

・肌の潤いキープは植物油で
脂質の減らしすぎは肌の乾燥を招きます。
美肌に効果的なビタミンEやカロテンは脂質と一緒に摂ることで吸収率が上がるので、きれいな肌を目指すなら適度なアブラは必須です。過剰摂取は肌トラブルの原因になってしまうので、一日で大さじ3杯分程度を目安にしましょう。
オリーブオイルやごま油、大豆油といった植物油がおすすめです。

・朝食の習慣が美肌を作る
肌の正常なターンオーバー周期は約28日。このサイクルの中で肌に不要なものがはがれ落ち、新しい肌細胞によって表皮が形成されます。
ターンオーバー=新陳代謝がスムーズに行われないとシミができやすくなり、肌の再生活動がうまく行われません。
朝食を摂ることで体内時計が正常に働き、新陳代謝が促がされます。代謝がスムーズになれば、健康な肌に近づくことができるのです。

正常なターンオーバーでつるりん美肌

美しい肌の女性

肌に残ったメラニンや老廃物を排出するためには、肌の新陳代謝が正しく行われることが大切です。

代謝は人間の基本的な生命活動ですが、代謝を活発にするためにはミトコンドリアの働きを活性化する必要があります。
ミトコンドリアは生命活動に必要なエネルギーを作り出す器官ですが、活性酸素によってダメージを与えられて数が減ってしまうことがあります。

活性酸素を作らない=ミトコンドリアを傷つけない=新陳代謝を促進

となりますが、活性酸素は生きているだけで作られてしまうもの。
食事や生活習慣の乱れによって過剰に作られてしまうことがあるので、活性酸素を作り過ぎない生活を心がけることが大切です。
ストレスを溜めない、抗酸化作用の高い栄養素が多い食事を摂るなど、日常でできることもありますが、手っとり早くて効果的なのが水素の摂取。
水素は分子の中で最小なので人間の細胞のどこにでも入っていくことができ、悪玉活性酸素と結びつくことで無害な水に変えてくれるといううれしい働きがあります。

水素の摂取→活性酸素を無害化→ミトコンドリアを傷つけない→新陳代謝を促進→肌のターンオーバーが順調

ということになり、

水素の摂取=美肌に効果的

と言えます。
美肌を保つための生活習慣や食事を意識することはもちろん大切ですが、より手軽に高い効果を得られる方法を知っていると便利ですね。