活性酸素をやっつけて疲労回復

疲労や老化の原因といわれている活性酸素。
活性酸素には善玉活性酸素と善玉活性酸素があり、疲れを生んでいるのは悪玉活性酸素です。悪玉活性酸素は正常な細胞を攻撃してしまうので、効果的に排除していく必要があります。

疲れが起こるメカニズム

疲れて横になる人

肉体が疲れを感じる時に、「乳酸が溜まっているなぁ」という表現をしていませんか?
筋肉中の乳酸が増えることが疲労の原因だという説もありましたが、現在は疲労の原因は脳にあるという考えが主流です。

身体機能のバランスを維持する自律神経のハードワークが続くと、疲労を感じるようになります。
自律神経には、人間の活動に作用する交感神経と休息を司る副交感神経の2つがあります。

仕事や家事、運動をするときには交感神経が作用して、体温や心拍を調整。交感神経が働いた結果、神経細胞内に活性酸素が大量発生して、健康な細胞や遺伝子にダメージを与えてしまいます。
細胞が傷つけられると、老廃物が増えて疲労因子となるたんぱく質を生成。これが大脳に伝わって、「疲れた」という感覚を作っているのです。

また、加齢によって体内の代謝酵素が減少していることも、疲労を感じる原因のひとつ。
基礎代謝力が低下して老廃物の排出が十分ではなくなり、疲労回復が追いつかなくなっていくのです。

疲れない身体作り

少しのことで疲労を感じない、疲れにくい身体を手に入れるためには、どういった工夫ができるでしょうか。

まずは、規則正しい食生活を心がけること。
3食をきっちり摂ること、なかでも朝食を抜いている人は改善が必要です。
朝食を食べないと体内時計がうまく機能せず、交感神経と副交感神経のバトンタッチがスムーズにできません。交感神経が正しく作用しないと睡眠や休息がうまく取れなくなり、疲労解消もできなくなってしまいます。
夕食の時間が遅い人も見直しを。就寝の2~3時間前までに食事を済ませておくと、消化活動が睡眠中におよぶことがなくなって順調な疲労回復が図れます。

良質な睡眠も疲労回復には欠かせません。
寝ているあいだに分泌される成長ホルモンが細胞の損傷を治癒し、疲労回復につながります。成長ホルモンは、脳が眠っているノンレム睡眠のあいだに分泌されます。
ノンレム睡眠は特に寝ついてからの90分が重要と言われていて、このときにグッスリ眠ることができていれば成長ホルモンは正常に分泌されます。

健康のためにヨガ

また、軽い運動の習慣を持つこともおすすめです。
筋肉を動かすことで全身の血流を促進し、疲労回復を早めることができます。血流が活発になると酸素やたんぱく質が体中に運ばれて、新陳代謝がスムーズに。その効果で脳の働きも活性化し、疲労が解消されやすくなります。

活性酸素は水素でやっつける!

疲労の原因となる活性酸素は、ほかの物質を酸化させる力が強い酸素のこと。
酸素を消費して代謝に利用するときには、必ず発生するものです。活性酸素には善玉と悪玉があり、善玉活性酸素は細菌やウイルスを攻撃し身体を守る働きを持っています。
悪玉活性酸素は健康な細胞を攻撃するので、疲労や病院の原因となってしまうのです。

悪玉活性酸素を減らしていくためには、抗酸化という防御作用が必要。
人間の身体にはもともと抗酸化酵素が備わっていますが、加齢や生活習慣などによってこの力が弱まると悪玉活性酸素の力が上回ってしまうのです。

悪玉活性酸素を排除する抗酸化力を上げるには、生活習慣や食生活の改善が必要です。
アルコールやたばこを控える、フィトケミカルを積極的に摂取する、など日常的に実行できることもありますが、より手軽なのが水素の摂取。

水素は悪玉活性酸素とくっついて水に変化するという抗酸化作用に優れているので、悪玉活性酸素を効率的に減らしていくことができます。

病気も予防

お医者さんのおすすめ

悪玉活性酸素は疲労や老化の原因となるだけでなく、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病の四大疾病の原因とも言われています。
活性酸素を減らすこと=病気の予防。
水素によって健康を維持して大きな病気の発生を抑えることは、未来の医療費や死亡リスクの軽減にもつながります。
発生してしまった病気に対して効果的な治療方法を講じることも大切ですが、水素サプリメントや水素水などを生活に取り入れることは病気の治療よりも簡単でローコスト。
予防医学の観点からも、水素のある生活はメリットが高いと言えるでしょう。